製品紹介

【サーボクランク式裁断機】

MPC-SR

ロールタイプ

利便性を追求したWindows制御

ダイレクト補正CCDカメラ位置決め機構

  • バリアブルカットにて多彩な加工を実現
  • 生産ナビシステム
  • 二次元コード刃型管理システム(オプション)
  • 0.001mmの刃高微調整機構(オプション)
  • QDCフィクスチャー対応(オプション/350SR)
  • ラック式テーブルを搭載
  • 製品の特徴

    ロールタイプのサーボクランク式裁断機。
    曙機械が提案する業界トップレベルの加工技術、「バリアブルカット」にて多彩な加工を実現することが可能です。
    オプションによりダイレクト補正CCDカメラ位置決め機構、二次元コード刃型管理システムを搭載可能です。

    製品仕様

    型式 刃型最大寸法 加圧能力 最大打ち抜き速度 下死点設定単位 最大材料幅 カメラ移動範囲量 総電源容量
    MPC-350SR 320×200mm 60kN 200spm 0.01(0.001)mm 250mm   10kVA
    MPC-600SR 600×400mm 200kN 160(200)spm 0.01(0.001)mm 600mm 200~500mm 18kVA

    ※写真の機種はMPC-600SRです。(オプション仕様も含まれます)

サーボクランク式裁断機/製品ラインナップ